好転反応について

好転反応とは、自然治癒力によって健康を取り戻す過程で、身体におきるいろいろな症状のことをさします。温浴後、血行が促進し、老廃物が体外に排泄される過程で、好転反応といわれる症状が出ることがあります。

例えば、
  • 眠くなる。妙に疲れが出る。初回の利用後、家に帰りどっと疲れが出た。
  • 吹き出物や湿疹が出て、かゆみを伴う。
  • 今までにない痛みが出る、血液の流れが急激に良くなり、昔の傷跡などが痛む。
  • むち打ちや、大きな怪我をした箇所、手術の後などが痛い。
  • 腫瘍があり足がひどくむくんだが、むくみが消えると腫瘍も消えた。
  • お腹が痛くないのに下痢をした。身体の調子が良く元気なのに熱が出た。
このように、倦怠感、下痢、発熱、腫れ、湿疹など徐々に改善されていきますがまれにこのような症状が出る場合があります。
  • 好転反応の共通の特徴は、体の調子が良く元気な状態で起き、普通食欲もあります。
  • 期間は3~5日から長い方で数か月と様々です。
  • ひどい場合は、陶板室の利用を(回数、時間)調整されることが必要となります。
  • 治療や体調管理で薬を服用されておられる方は、のんだ量に比例して回復に時間がかかるようです。
アトピーの人の場合、花粉症の方の場合、がんの治療中の方の場合など、それぞれに応じて慎重に対応されることをお勧めしています。
個人差もありますので、医療機関との連係や相談なども積極的にされることがその後の良い結果を導くことにつながりますのでご留意ください。